インタセクト・コミュニケーションズ株式会社

ホーム>事業紹介>BPMで業務の最適化>インタセクトのご提案

事業紹介

インタセクトのご提案“BPMの効果的な導入手法”

開発の流れ

プロセス主体の業務アプリ開発の流れは、2ステップ構成で実施致します。

■【第1ステップ】 ビジネスプロセスの定義と検証フェーズ
■【第2ステップ】 業務アプリケーションの開発と統合(段階的業務AP開発)

シングルプラットフォーム

BPM構築のための機能を集約

BOPの主要な特徴機能

①ダイナミックケースマネージメント(業務プロセス毎)
②SOA インテグレーション
③複合的なアプリケーション開発環境
④クラウドアプリケーション環境によるサービス提供


Smart Service Grid

CORDYSのすべてのコンポーネントは、Smart Service Gridによって、リアルタイムかつシームレスなインタオペラビリティを実現します。
これにより、ユーザに対しストレスのない機能拡張性を提供致します。

サーバ増強時もリニアにパフォーマンスを得る事が可能です。

お問い合わせ

お問い合わせはお気軽に
お電話でのお問い合わせ(受付時間9:00~18:00):03-3233-3525
メールでのお問い合わせ:cordys-consulting(アットマーク)intasect.co.jp

PAGE TOP